ボトルキャップはスッカスカ

ボトルのガスバリア性を確保する方法について、いわゆるスクリューキャップのねじ部分は、しっかり締まったとしても酸素はツーツーに通ります。ボトルの材質に留意した上で、ボトル口が平滑であること、バリアパッキングやキャップの気密ライニングを適切に使用することが求められます。プラスチックボトルでは、ボトル口をアルミ箔使用包材で誘導シールすることが有効です。

上部へスクロール